飲食店のスケルトン工事の注意点

飲食店のスケルトン工事についてご説明をします。

これは、建物の構造材(柱や梁など)以外の、

    • コンセントなどの電気配線
    • 店内の給排気設備
    • キッチン(厨房)やトイレなどの給排水設備

そして、天井や床などの内装全てを解体するので、その見た目から、スケルトン工事と呼ばれています。

その飲食店のスケルトン工事について、幾つかの注意点が存在をします。

オーナーへの説明と工事範囲の確認

一つ目が、貸主(物件オーナー)への説明、工事範囲の確認です。

借主が追加で設置をした、照明設備や給排水設備などを、貸主がそのままの状態で、次の借主に居抜き物件として貸し出しをする場合もあります。
そのような貸主(物件オーナー)の意向により、スケルトン工事の必要性がでてきます。

確認事項を書面で残す

二つ目が、確認事項を書面で残すことです。

一つ目の内容と関連をしますが、当初は設備や内装などをそのままでと貸主が口頭で約束をしていても、その後スケルトン工事をするようにと、約束の内容が変わる事例もあります。
それを防ぐには、文書により確認事項を残すことが大切となります。

スケルトン工事の費用と日程

三つ目はスケルトン工事の費用や日程です。

スケルトン工事には、事前準備から廃棄物の処分などの工程が存在しており、
ある程度の期間がどうしても必要となります。
ですので、明け渡し期日まで日数が短い場合には、工事業者側から依頼を断られたり、通常の工事より2倍3倍の費用が必要となることも有ります。
また、明け渡し期日までにスケルトン工事が終了していない場合には、貸主(物件オーナー)からの、違約金の請求をされることも有ります。
ですのでスケルトン工事の際には、出来るだけ早めに準備を行なうのが大事です。