店舗のスケルトン工事で知っておくべきこと

店舗のスケルトン工事で知っておくべきことをご説明します。

スケルトン工事

オーナーの所有範囲の確認

スケルトン工事の際には、貸主(物件オーナー)の所有範囲の確認が必要となります。

一般的な住居物件よりも、店舗の場合では壁や細かい造作物が多く存在をしていて、もし貸主(物件オーナー)所有である、配線や配管などまで撤去や損壊をしてしまうと、その設備などの高額な修繕費用の支払い、修繕の時間が必要となる以外に、貸主(物件オーナー)が訴訟を起こす事態となる可能性がでてきます。

物件の規則の確認と周囲への告知

またスケルトン工事では、その物件の規則の確認や周囲への告知も必要となります。

たとえば、ショッピングモールなどのテナントとして入居をしている場合、工事に必要な資材の搬入や廃棄物の搬出で、エレベーターを使用可能な時間、搬入搬出経路の確認、スケルトン工事を行なって良い時間などを確かめる必要があります。

また、テナント入居の店舗だけではないのですが、スケルトン工事では、作業により騒音や振動、解体による粉塵などが発生をするので、貸主(物件オーナー)との打ち合わせ、近隣店舗や住民の方への配慮も必要となります。

スケルトン工事の日程には余裕を

またどうしても店舗の営業を、できることなら明渡し期日ギリギリまで行ないたいものですが、スケルトン工事を実施する余裕のある日数が無いと、

    • 貸主や工事業者との意思疎通のミス、トラブルの発生
    • 天候などの気象状況に伴う、作業日数の延長による、延滞料や違約金の支払い

等の原因となりますので、気を付けるようにしましょう。