解体工事の補助金が利用できる場合

実は、解体工事に補助金が交付されることをご存知でしょうか。

自治体によっては助成金や補助金が交付されます

一定の条件や要件に該当をする解体工事案件については、自治体によっては助成金や補助金が交付されています。

例えば、

    • 危険廃屋解体撤去補助金
    • 老朽危険家屋解体工事補助金

などの補助金制度が、近年増加をしている、長年居住や管理がされておらず、害虫の発生、倒壊や犯罪の温床ともなる、特定空き家対策として設けらています。

最寄りの行政機関に問い合わせましょう

これらの解体工事の補助金ですが、日本政府により行なわれている制度ではなく、各都道府県や市町村により行なわれているので、事前に最寄りの行政機関に問い合わせをしましょう。

また補助金の交付の条件としても、その地域の行政機関より違いがあり、

    • 企業や団体所有の住宅ではなく、個人所有の住宅。
    • 一戸建て又は店舗併設住居である。
    • 一定期間の間、居住をしていない、住居目的以外に使用されていない。

などの条件が必要とされる事例もあります。

交付の条件

そして解体工事の補助金を申請する際には、

    • 住民税などの税金の滞納をしていない。
    • 工事を行なう人の前年度の所得(高所得者の場合、自己資金で工事が行えると判断をされる)。
    • 建物の築年数。
    • 建物の腐敗や破損の度合い(倒壊の有る無しの基準が設けられています。)

などの条件も存在をしています。

また抵当権が設定されていたり、補助金申請者・工事業者共に暴力団との繋がりが有ると、補助金申請が却下されたりします。