浄化槽の撤去にかかる費用

最近では、都市部以外でも下水道が整備されるようになりました。

下水道が整備された地域では、行政から早期に下水道との接続を行なうようにと指導をされており、その指導により、敷地内の浄化槽の撤去を依頼される方もいらっしゃいます。

浄化槽撤去現場

浄化槽の種類と管理

その浄化槽には、

    • 現在では新規設置は許可されていない、糞尿だけを処理する浄化槽である、単独浄化槽。
    • 台所や浴室などから生活排水と、糞尿の両方の処理を行なう、合併処理浄化槽。

の2種類の浄化槽が存在をしています。

また浄化槽は法律により管理をされており、どの敷地や建造物に浄化槽が設置されているのかが、把握されています。

浄化槽の撤去費用

では浄化槽の撤去にかかる費用はどの位でしょう。

一般的な5人槽~7人槽の撤去工事の相場としては、

    • その他の建築物の解体と同時に浄化槽も撤去をする場合、約3~6万円
    • 浄化槽単独での撤去工事の場合、約5~10万円

とその他の建築物の解体の有る無しにより、追加費用の差が存在をします。

またこの他に、浄化槽内部の糞尿などの回収や最終の清掃が済んでいない場合には、その清掃・消毒費用として3万円前後が必要となります。

行政からの補助金

でもできることなら、浄化槽の撤去費用を安く抑えたいですよね。

実は申請をすることで、行政からの補助金を使える可能性があるんです。

合併処理浄化槽に関しては自己負担となりますが、現在でも国内に多く残存している、単独浄化槽の撤去を進めようと、行政によっては、

    • 税金の滞納をしていない。
    • まだ撤去工事を開始していない。

などの条件を満たしていれば、撤去費用の補助を行なってくれます。

浄化槽の撤去をする際には、一度最寄りの行政機関にお問合せをしてみるのもいかがでしょうか。